ワイマックス2プラス比較

WiMAXとWiMAX2+のどちらも使えるプランと端末がおすすめ!

ワイマックス2が遂に開始しました。いくつかのプロバイダがワイマックス2の接続サービスを提供しています。もしかしてどのプロバイダを選んでも一緒だと思っていませんか?それは大きな間違いです。具体的にどんな差があるのか比較表を見てみましょう。

 

ワイマックス2プロバイダ比較表

プロバイダ名

UQ WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

BIGLOBE WiMAX

月額料金

3696円

3609円

3695円

初期費用

3240円

0円

3240円

端末代金

1円〜

0円

0円

キャッシュバック

商品券3000円

30000円

20000円

詳細

 

GMOとくとくBB WiMAX2以外を選ぶなんてありえない!

もうお分かりですね?ワイマックス2プロバイダを比較した結果、最強なのはGMOとくとくBBだと判明しました。初期費用無料、端末無料、月額料金最安、キャッシュバック30000円とすべてにおいて優れています。

 

他のプロバイダを選ぶ理由が見つかりません。すべてのプロバイダが同じWiMAXネットワークを利用しているので、速度の違いもありません。だから価格面だけを見てプロバイダを決めることをおすすめします。

 

>> GMOとくとくBB WiMAX2の詳細はこちら

 

 

 

ワイマックスとワイマックス2は何が違うの?

圧倒的な速度を体験!

ワイマックス2プラスの魅力は何と言っても速度でしょう。これまでのWiMAXは40Mbpsが限度でした。しかしワイマックス2プラスは下り最大110Mbpsからスタートです。110Mbpsの時点で光回線のベストエフォートを越えていますが、2014年には最大220Mbpsになるというから驚きです。

 

WiMAXと比較すると単純計算5倍以上の速度になるわけです。高画質なストリーミング動画を快適に視聴できるなんてレベルではありません。大容量ファイルをあっという間にダウンロードできるほどの高速回線です。

 

高速になっても料金は変わらない!

インターネット事業において高速回線を利用するためには高額な料金を払わなければいけないのが当たり前でした。考えてみてください。ADSLと光回線の料金を比較するとどれだけ差があるでしょうか。

 

しかしワイマックス2プラスの料金プランはこれまで通り、月額3696円のままです。月額3696円で110Mbps、そして220Mbpsの高速回線を利用できるなんて激安過ぎます。もう光回線なんて必要ありませんね・・・。光回線を解約する良い機会でしょう。

 

WiMAXとワイマックス2プラス両方を使える!

一番心配なのはエリアですよね。せっかくWiMAX2+と契約してもサービス開始当初はエリアが狭く、自分が住んでいる地域が対応していないかもしれません。まったく使えないモバイル通信サービスなんて意味がありません。

 

でもご安心ください!なんとWiMAXとWiMAX2+の両方を利用できるのです。だから全然繋がらないのではないか、という心配をする必要はありません。人口97%をカバーするWiMAX回線を利用できるのですから。

 

自分のエリアが対応したらすぐに超高速回線に繋がるので、普通のWiMAXと比較するとかなりお得です。ワイマックス2プラス対応端末は人気で品薄になる恐れが高いため、早めに申し込んでおくことをおすすめします。

 

GMOとくとくBB WiMAX2の詳細はこちら